子育てに必要なビタミンの話

子育てに必要なビタミンの話

 

必須アミノ酸

必須ビタミン

必須ミネラル

 

全くチンプンカンプンなのに栄養のお話を聞いてきました。

へぇ~、へぇ~と相槌を打ちながら頭の中にははてなだらけです。

 

「必須○○」=人間が自分のカラダの中で作り出すことが出来ない、食事などで摂取する必要があるアミノ酸、ビタミン、ミネラル

 

…と、「必須○○」の意味が分かって一気に腑に落ちました。

 

バランスよくいろいろなものを食べるといいとか、

一日に30品目とか…ってそういう事なんだ

と、今更の「なるほど納得」なお話だったのです。

 

 実は、私、最近気がついたんですが、

どうやら必須ビタミンの中でもとりわけ大事なビタミンがあるようなんです。

これが足りないと子どもには様々な影響が出てくるとか。

 

落ち着きがなくなる

自己肯定感が低くなる

自信がない

情緒が不安定になる

体調がいつも悪い

コミュニケーションをとるのが苦手だ

集中力がない

呼吸が浅い

 

などなど

このビタミンは摂っても摂りすぎる事は決してなく、無駄に体外に排出されてしまう事もありませんからどんどん体に蓄積されていい影響を与え続けると言うから素晴らしいビタミンなのです。

必須ビタミンのひとつですからヒトの体の中で作りだされる事はないので摂り入れるしか方法はありません。

 

その必須ビタミンは哺乳類だけが持っていると言われるあるホルモンにも関係しています。

 

「幸せホルモン」と呼ばれるオキシトシンをご存知ですか?

 

出産時には子宮を収縮させて分娩を促したり、授乳時には母乳の分泌を促す働きがあるホルモンとして有名です。ママとベビーちゃんのスキンシップがその幸せホルモン、オキシトシンをたくさん分泌させるのです。

子どもに必要なビタミン…

スキンシップを通して摂取する事のできるビタミン…

さぁ、なんだと思いますか?

ビタミンCかな?Dかな?それともB12とか?

 

 

それは、

 

ビタミン愛です >^_^<

 

触れ合う事=ビタミン愛は心にもカラダにも摂り込まれベビーちゃんもママも幸せホルモン「オキシトシン」でいっぱいになるんですって。

もちろんベビーちゃんばかりではなく大事な人誰にでもビタミン愛は有効です。

手をつなぐとなんだか安心しますよね。

肩に触れられるとホッとします。

ペットだって撫でられると喜ぶし、撫でた人も癒されるのです。

 

ビタミン愛の素敵な効果いろいろ

 

安心感、信頼感、親近感がアップする

抱っこすると赤ちゃんが泣き止むのもビタミン愛

赤ちゃんに添い寝しているうちについつい自分も寝落ちてしまうのもビタミン愛

 

心拍数が下がる、血圧が下がる

ホッとすると鼓動がゆったりと穏やかになるこれもビタミン愛

 

学習能力が向上する

触れ合う事=ビタミン愛が多いと記憶力も良くなるそうです。

 

こんなにいい効果いっぱいのビタミン愛

ベビーちゃんとのふれあいでどんどん増やしてみませんか?

寝つきの悪いご機嫌斜めのベビーちゃんもビタミン愛でニコニコすやすや寝てくれる子になるかもしれません。

 

ベビーちゃんとママのハッピーのために

ayako先生の「ベビー連れヨガ」10/4

ayako先生のその他のレッスン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です