【風邪の効用】を実践する日が来た!インフルエンザB

もう何年も前に手にした

野口晴哉著「風邪の効用」

人の身体は入ってきたウイルスと戦うために熱を出すのだから、むやみに薬などで熱を冷ましてはもったいない…と言う様な内容に心惹かれて早4年?

熱を出したくて、出したくて

でもそう望めば望むほど熱を出すことがなくなってしまう。嘘みたいな本当のお話し。

特に冬の時期には手をしっかり洗いましょうとか、人混みに行くときにはマスクをしましょうなんて言われても全て無視して「ウイルス来て来て~」状態なのに残念な事に風邪も引かなければインフルエンザにもかからない。熱など出せなくなってしまったのです。

39.4度、とにかく39.4度以上の体温で人の身体の中の病気の元になるものが死滅すると言うんです。自然の力で病気のもとをやっつけると熱が下がったあとはすっきりした感じがあるのだとか。

もともと平熱が37度はある私にとっても39.4度はかなりの試練。この熱を出してみない事には超自然なデトックスは味わう事が出来ないのですからいろいろなチャレンジをしたものです。

手を洗わない、マスクをしないは普通の事として

ちょっと具合悪いかも♡と思ったら熱が出るように熱いお風呂に長めに入る

熱を出している人のお見舞いにあえて出かける

そんな事をしてもなかなか発熱までいかない。「風邪の効用」の効用を味うことができないまま何年か経ち、今年の冬、やっとそのチャンスがやってきました。

家族のひとりがインフルエンザBについに罹ったのです!

もちろん付きっきりの看病です。特効薬と言われる薬を処方されるもかなり具合が悪そうです。日中もベッドの隣で甲斐甲斐しくお世話を焼き、ついにその翌日早くも私にも「インフルエンザB」の兆候が!!

のどが痛い、身体がだるい、なんとなく熱っぽい♡

目標は39.4度です

熱はどんどんあがります。これまでの経験からこの熱の上がり方のスピードは確実にインフルエンザです。すぐ近所の町の内科に行ってみました。行ってすぐに家族と同じインフルエンザBの診断をいただきました。病院ではさほど熱は高くないので特効薬はいらないと断り、普通に飲む風邪薬みたいなものを(飲む気もないのに一応)いただいて帰ってきました。

しかし、平熱から一気に38度までは順調に上がったのですが、それ以上は一向に上がる気配なし。そのまま頭痛と若干の吐き気とひどい睡魔が4日ほど続いて熱はすっかり冷めてしまったのでした。不完全燃焼。

目標の39.4度には届かず…超自然デトックス、今年も叶わず

来年こそは高熱を出して「風邪の効用」を100%実践してみたい私です。

注意:風邪の効用をしっかりご自身でお読みになった上で自己責任で高熱チャレンジしてください。チャレンジした結果については私は一切責任は負えませんのであしからず。チャレンジした感想などはぜひお寄せください。

 

PS.微妙な熱にうだうだしている間に新しい名刺が届きました♡ボンソワールたかこ♡これからもどうぞよろしくお願いいたします。

今年のテーマ、植物、花、水

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です