嵐の夜に干し芋をかじりつつ(笑)

自然の猛威 

台風21号が大雨を降らせ大風を吹かせ、通り過ぎていきました

夕方のおつかいに出かけお店のテレビで各地の被害状況を初めて知った私です

みなさまの住む地域は大丈夫でしたか?

 

我が家では嵐の前に仕入れたたくさんの飲み物食べ物をお供に、家での~んびり鑑賞会をひらきイギリスBBCの【プラネットアース】と言うドキュメンタリーを観ていました 

地球に住む様々な動植物の生態についてテーマごとに約50分のエピソード

 

北極から南極へ

高山

洞窟

淡水

砂漠…

 

映像ももちろん美しいのですが、カメラワークが素晴らしい

そのひとつひとつ感動感激

ドローンや海底探査機などの技術を結集させて撮影された映像は(当たり前ですけど)ネーチャー感に溢れています

 

こんな絶景を自分の目で見に行こう!

絶対、見に行くぞぉ~

そんな事を心に誓いつつ 

何より強く感じたのが

 

「受け入れる」

 

…この言葉

あぁ~私にはまだまだ足りないなぁ…と

 

自分が生きるためにやるべきことをやる

失敗に一喜一憂しない

状況が急変しても慌てない

命を繋ぐ目的以外の事で冷静さを失わない

 

自然の中で生きる動物たちは与えられた状況の中でただ「生きる事」だけにフォーカスしているのです

たんたんと

ただ、たんたんと

全てを受け入れて

 ある意味【悟っている】とでも言いましょうか

「なぜ生まれてきたんだ?」なんて事で悩んだりしないし

運が悪ければ命は短い

強くなければ子孫を残せないし

五感をフルに使えないと生きていけない

 

私たち人間は日々いろいろな事に心惑わされてばかり

もし、自分らしく生きられていないと感じる時は「プラネットアース」おすすめですよ

自分の悩みなんか取るに足らな~い

北極に置き去りにされたらひとたまりもない人間ってホントちっぽけだわ~

って気が楽になります

 

 しかし、

動物と人間は

「生きる」vs「命を輝かせる」

決定的に命の目的が違うのです

だからこそ時には命の本質に目を向け、そこから自分らしく輝いく生き方をみつける

自分の人生を自分らしく

誰のためでもなく、自分のために

 

そんな事を考えていた嵐の夜でした

干し芋をかじりながら「プラネットアース」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です